• HOME > JSCAについて

JSCAについて

◆会長あいさつ ◆設立趣旨 ◆組織概要 ◆組織図 ◆役員 ◆活動実績 ◆アクセス 

会長あいさつ

画像

スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)は、全世界にスマートコミュニティを展開していく中で、個別企業では解決しづらい課題に対して、官民一体の対応と民同士の連携で乗り越えようと、業界の垣根を越えて様々な企業や組織が集まり、2010年4月に発足致しました。

皆様ご承知のとおり、近年、世界中でスマートコミュニティに対する関心が高まっており、世界各国で多くの実証プロジェクトが進行中です。またスマートコミュニティの調達基準や手続きの共通化を促進する国際標準化活動なども活発化してきております。

そのような中、アジアなどの新興国では、人口の都市集中や経済の急成長で都市のエネルギー需要が増大する一方、環境負荷を抑えつつ、エネルギー・交通・上下水・ごみ処理など効率的な社会インフラを備えた街づくりが課題となっております。また、先進国においては、少子高齢化や都市インフラの老朽化、さらに全地球規模では、CO2の排出増加による地球温暖化、多発する自然災害などに対して効果的な対策を講じ、持続的な低炭素社会へ移行していくことが大きな課題です。

地球の未来にかかわるこれらの課題に対して、既存システムとも協調しながら、快適で持続的な社会システムを実現するのがスマートコミュニティです。

この実現にあたっては、GSGF(Global Smart Grid Federation)などの海外関係機関との交流も活発に行い、国際連携を深めつつ、我が国が保有する先端的な技術やサービスを組みあわせて、持続的に活用可能な社会インフラを構築し、世界をリードしていくことが重要です。

JSCAは、今後も政府関連機関と密に連携しながら、一般企業や公益法人、大学、自治体など、多様な業界から参画いただいている会員が一体となり、スマートコミュニティの国際展開に当たっての案件組成のきっかけとなる取り組みを積極的に進めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

JSCA会長 山西 健一郎



設立趣旨

我が国が強みとする省エネルギー・新エネルギー技術により将来の成長を支えていくためには、世界市場にアクセスし、ビジネスチャンスを獲得するため、「オールジャパン」で共通的な課題に対応する民間企業等による推進母体が必要となります。スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)は、スマートコミュニティ(スマートグリッドを含むエネルギー・社会インフラ)の国際展開、国内普及にあたっての行政ニーズの集約、障害や問題の克服、公的資金の活用に関する情報の共有などを通じて、業界の垣根を越えて経済界全体としての活動を企画・推進するために設立されました。

組織概要

団体名スマートコミュニティ・アライアンス
(JSCA: Japan Smart Community Alliance)
設立平成22年4月6日
事務局

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 
スマートコミュニティ部内

所在地(事務局)〒212-8554
神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー

組織図

組織図



役員

 

会 長
三菱電機株式会社 取締役会長 山西 健一郎
幹 事
伊藤忠商事株式会社 会長 小林 栄三
関西電力株式会社 取締役会長 八木 誠
清水建設株式会社 代表取締役会長 宮本 洋一
東京ガス株式会社 代表取締役 副社長執行役員 救仁郷 豊
株式会社東芝 取締役 代表執行役社長 綱川 智
トヨタ自動車株式会社 取締役 小平 信因
日本電信電話株式会社 代表取締役副社長 篠原 弘道
パナソニック株式会社 代表取締役会長 長榮 周作
株式会社日立製作所 代表執行役 執行役社長兼CEO 東原 敏昭

 

活動実績

◆国際戦略WGの活動

・会員企業が有する技術やシステム等の海外展開を図るため、個社では実現が難しい国内外関係機関とのチャネルづくりなど、JSCAの強みを生かしつつ、具体的な案件形成につながる活動に注力してきました。

・これまでに8カ国(※1)に官民ミッションを派遣、インフラ関係者と意見交換を行いました。
・戦略的に取り組むべき国・地域・分野を特定すべく、検討及び海外市場調査を実施しました。
・各国のイベント・WSへの参加、海外関係者訪日に合わせ意見交換を行いました。
・11カ国(※2)の国別SWGを設置して活動を開始しました。参加企業を中心に、案件発掘をサポートするための環境整備、基礎調査(法制度、ニーズ等)を推進し、各SWGの活動内容を横串化(情報共有)することで課題・ニーズ等を共有しています。
※1.米国、フランス、ベルギー、ドイツ、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア
※2.英国、インド、インドネシア、タイ、ドイツ、ブラジル、ミャンマー、シンガポール、中国、ベトナム、マレーシア

◆国際標準化WGの活動
国際標準化ワーキンググループでは、スマートコミュニティ分野における国際標準化に貢献するため、日本工業標準調査会(JISC)や国内審議団体との連携を行うほか、欧米等を中心とする国際標準化活動への参画や連携を行い、横断的課題や新たな国際標準化項目を検討するなど、日本の国際標準化戦略全体のサポートを行っています。
・スマートエナジー・アーキテクチャ研究会(2014-2016)では、SGAMと呼ばれる標準開発ツールをスマートエナジー(電力と熱・ガスエネルギーとの相互作用)の領域に拡張して標準化戦略を検討し、結果をIEC SyC Smart Energyに報告しました。
・同研究会の後継として、2016年度に電力‐水素相互変換研究会を立ち上げました。
・スマートグリッド・セキュリティ研究会(2014‐)では、スマート・グリッド・セキュリティの各主要規格に関して、全体像を把握・理解できる電力系技術者の養成を行ったほか、ISO/IEC27019の改定に関する支援を行っています。
・経済産業省、JISCが行ってきた、スマートグリッド国際標準化に関する重要アイテム策定(2010、2012)へ参画しました。
・仙台でのマイクログリッド稼働実績や、ニューメキシコやハワイでの実証ユースケース等を、米国電力中央研究所(EPRI)のUse Case Repositoryに登録(14件)しました。
・米国のSmart Grid Interoperability Panel(SGIP)やIEEEの情報を、継続的に収集・分析しています。

◆スマートハウス・ビルWGの活動
・スマートハウス・ビルWGでは、スマートハウス・ビルの更なる普及拡大に向けた課題について議論を行うため、METIの「スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会」と連携した活動を行っています。同検討会は、国際標準化WGのEMS-SWGに設置したスマートハウス標準化検討会での中間とりまとめにおいて整理された5つの課題について、工程表の作成や検討の場として立ち上がりました。

・METIのスマートハウス・ビル標準・事業促進検討会を主体とした活動として、EMS関連のビジネスを推進するための2つの施設、「EMS新宿実証センター」と「HEMS認証支援センター」を2012年11月に開設すると共に、HEMS機器の通信方式の詳細仕様策定や運用マニュアルの整備、我が国のデマンドレスポンス手法の検討も推進しています。

◆ロードマップWGの活動
・次世代エネルギー・社会システム協議会が策定したロードマップの改訂版を作成し、「NEDO再生可能エネルギー技術白書(2011年7月)」に反映しました。
・政府方針(エネルギー基本計画の見直し等)が確定し、ロードマップ改訂のための前提条件が整った段階で、更なる改訂に向けた検討を再開します。このため、現在は活動休止中です。

◆その他(ISO/TC268/SC1)スマートコミュニティの評価指標に関わる標準化
・2011年05月:JSCA幹事企業(7社)をメンバーとして、スマートコミュニティーの評価指標に係る標準化を目指した検討グループを発足しました。
・2011年10月:ISO、中央事務局に新規検討項目として「スマートコミュニティー評価指標」を提案しました。
・2012年02月:日本提案が可決され、新しい分科委員会(ISO/TC268/SC1)の設置と日本の幹事国就任が決定しました。
・2012年より国内審議委員会、国際会議の開催等活動支援を行っています。(国内審議団体は、基準認証イノベーション技術研究組合)

◆海外との連携強化
・海外のスマートコミュニティに関する最新状況の調査、現地の政府・自治体・ユティリティ・企業との連携、また国際組織との協働を推進し、グローバルな展開を行っています。

・スマートグリッドやスマートコミュニティを推進する国際的な団体との提携を通じて、ネットワークの形成や情報発信・収集をしています。GSGF(Global Smart Grid Federation)をはじめ、各国アライアンス他、計4つの機関と個々に協力に係るMOU等を締結し、ベストプラクティスや課題の共有等を行っています。

 2010年04月 Global Smart Grid Federation への加盟
 2010年04月:米国 GridWise Alliance とMOU締結・WSの開催
 2011年09月:韓国 Korea Smart Grid AssociationとMOU締結
 2012年02月:英国 SmartGrid GB(現SmarterUK)とMOU締結・WSの開催
 2012年03月:Smart Grid Interoperability PanelとLOI締結

・アメリカ、東南アジア、インド、ヨーロッパ等のスマートグリッドやユティリティを主題にした国際会議等において、日本におけるスマートコミュニティの取り組みを発表し情報発信を行いました。

・海外の専門家や有識者を講師に招いた講演会を開催し、世界の最新動向や取り組みに関する情報収集、また、ネットワークの構築を行いました。特に、GSGF、SGIP、ISGANといった海外のネットワークを戦略的に活用し、日本のスマートコミュニティ技術の海外展開を目指した情報発信・収集、また人脈の形成を行ってきました。

◆情報発信
・2012年秋より、ニュースレター特別版PDF版(小冊子)をスタートしました。
・会員企業への情報発信を目的としたセミナーを開催しています。平成28年度は欧州・インドの最新動向の紹介(4月)のほか、ベトナム(5月)やフランス(7月)の現地関係者による講演を行いました。
・スマートシティなどの現場を実際に見学する会員限定の見学会を開催しています。平成27年度はFujisawaサスティナブル・スマートタウン、平成28年度は柏の葉スマートシティを見学しました(5月)。
・その他、2010年よりスマートコミュニティ・サミットをNEDOと共催しており、同時開催のスマートコミュニティ展にも出展することでJSCAの取り組みを紹介しています。

アクセス

Japan Smart Community Alliance
<事務局>
〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310
ミューザ川崎セントラルタワー18F NEDO内

地図

JR川崎駅 徒歩3分
京急川崎駅 徒歩8分 


大きな地図で見る