• HOME > ライブラリー > テクニカルライブライブラリー『系統用蓄電池(GSGF白書の公開)/国際組織Global Smart Grid Federationとは?』

テクニカルライブラリー

¶ テーマ2 系統用蓄電池(GSGF白書の公開)                 

はじめに

18の国と地域が加盟するスマートグリッド推進団体、Global Smart Grid Federation(GSGF)内に設置された

系統用蓄電池ワークグループは、このたび約1年半の活動の成果をとまとめた白書(英語版)をリリースした。

本内容は、その白書の内容を目次にそってサマライズ、解説するものである。本内容にご興味をもった方は、

ぜひオリジナルの白書もご一読ください。

GSGFからの白書リリース(※英語)
http://www.globalsmartgridfederation.org/2016/01/28/battery-energy-storage-has-a-viable-future-in-grid-operation-support/

▼目次
国際組織Global Smart Grid Federationとは?
白書の概要「系統運用支援において蓄電池によるエネルギー貯蔵が持つ有望性」
目次にそって白書を解説!
蓄電池が描く電力システムの未来(日経テクノロジーオンライン)

国際組織Global Smart Grid Federationとは?

Global Smart Grid Federation(現GSEF:Global Smart Energy Federation)は、主に民間関係者がスマート

グリッドの発展に向けて世界的に連携していくための母体として、米国GridWise Alliance が中心となり2010年に

発足しました。JSCAは発足当初から加盟しています。

近年ではInternational Smart Grid Action Network(ISGAN)との連携を深めるなど、世界の主要なスマート

グリッド協議会や官民のステークホルダーと連携し、ベストプラクティス・課題の共有、主要技術や政策課題の

整理などを通じて、スマート社会の実現を目指し活動しています。

GSGF内では ワークグループ活動が行われており、その中の1つである系統用蓄電池ワークグループ(Power Grid Electrical Energy Storage Work Group)はJSCAが議長として活動をリードし、10か国から参加している

メンバー間のコミュニケーションを深めながら、各国の取り組み状況に関する情報共有などを行い、

このたび約1年半にわたる活動の成果として白書を発表いたしました。

系統用蓄電池ワークグループメンバー国:
日本、オーストラリア、デンマーク、フランダース、フランス、オランダ、アイルランド、韓国、ノルウェー、アメリカ

NEXT >>> 白書の概要